ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

ハッピーメールの「おしゃべりする」機能は本当に使えるの?

    

ハッピーメールのおしゃべりする機能
ハッピーメールには「おしゃべりする」機能があります。これは自分の話したい相手と話せる「転送電話」とランダムにかかる「ボイスチャット」に分かれていて、ともに消費ポイントは15秒で3P。1分間で12P=120円かかるわけですね。

確かに知らない女性と話せるのはドキドキワクワクで楽しいのは間違いないのですが、僕的には2つの理由から積極的にはおすすめしません。

1.料金が高い

ちょっと会話が盛り上がって10分でも話せば1200円(メール24通分)。30分も話そうもんなら3600円(メール72通分)。結構な料金がかかります。

例えばメール24通あれば2~3人のLINE IDをゲットできる可能性があり、LINEなら通話無料ですよね。ましてや72通となると…。1人と話すだけでこれだけのポイントを使うなら、複数の女性とメールして複数のLINEをゲットした方が遥かに低コストなんです。

2.キャッシュバッカーが多い

ハッピーメールにはメールで稼ぐキャッシュバッカーは少ないのですが、実はおしゃべりで稼いでいるキャッシュバッカーが結構います。というのも、女性がメール1通でもらえるマイレージポイント(MP)はわずか2MP=2円ですが、1分話すと転送電話で20MP=20円、ボイスチャットで30MP=30円ももらえる仕組みになっているんです。

メールより遥かに高速で稼げるわけです。僕ら男はポイントがあっという間に減っていき、女性はあっという間に貯まっていく…これは男性からすれば明らかに不利な仕組みですよね。

もちろん、おしゃべり機能を使っている女性が全て悪い人達とは言えませんが、確率を考えると積極的に使わない方が無難なのです。

 

もしおしゃべり機能を使うなら

ということで、僕は基本的にハッピーメールのおしゃべり機能をオススメしていません。もし話したいなら、先述のようにメール→LINE交換→無料通話という段階を踏んだ方が遥かに効率的に出会えます。

ただ、お金に余裕がある!効率が悪くてもかまわない!話すのが得意!という方が敢えて使うとしたら、「ボイスチャット」の登録エリアのフリートークをおすすめします。これが普通の出会いにつながる確率が最も高いと思います。

セクシートークは実質その場限りのエッチな会話を楽しみたい女性が多いので、出会いにつながる可能性は低い…仮につながっても援助やデリ業者が多いはずです。それでも構わないと割り切って暇つぶしに使うなら、アリだと思いますが…。

このようにハッピーメールの転送電話やボイスチャットを積極的に活用するのは、出会いを考えるとかなりの非効率。繰り返しますが、話したいならメールからLINEに持ち込むのが出会える確率も高く、コストも抑えることができると思うわけです。