ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

ハッピーメールで知り合った相手とのアポ取りのコツ

    

ハッピーメールで知り合った相手とのアポ取り
ハッピーメール内でLINEのIDをゲットしたら(←LINEがほとんどなはずですが、場合によっては直アドやカカオトークのIDも)、ハピメを経由しない完全無料の世界に入るので、あせらずにコミュニケーションを深めていきます。

で、次のステップは実際に会うためのアポイントを取ること、いわゆる「アポ取り」ですね。ただ、先程「あせらずに」と書きましたが、何の目標もなくノンビリ構えていると、別の男子に横取りされてしまうリスクがあります。

というのも、現段階では女性側も候補を1人に絞り込んでいる可能性が低いからです。

ハッピーメールに限らず、出会い系アプリでは女性には毎日のようにメッセージが届きます。また、LINEは気に入らなければブロックできる手軽なツールだけに、他に良さげな男性がいれば、その人ともLINE交換をしてやり取りしている可能性もあります。

要はまだまだ油断禁物な段階。ですから、基本的には1週間程度で勝負をかける短期決戦を目標にするべし!なんです。

 

アポ取りのタイミングと誘い方

ただし、短期決戦と言ってもLINEを交換した途端に誘うのはおすすめできません。女性は「この人あせってる、ガツガツしてる」と感じて警戒心を強めます。そうなると、かえってアポを取りにくくなります。

LINE交換の前にハッピーメール内でかなりやり取りしていた場合は別として、そうじゃなければ、最初の3日間はコミュニケーションを深めることに注力したいところ。

具体的には相手のプロフィールを見ながら、趣味や嗜好を深堀していくわけですね。特に、初めて会う際は食事するケースがほとんどなので、食の嗜好を知ることが大事です。

ランチがいいのか、夜でも大丈夫なのか、軽い食事がいいのか、しっかりした食事がいいのか、食事のジャンルは何がいいのか、お酒はOKなのかNGなのか。

お互いに会話を楽しみながら、これらのポイントをしっかり押さえて食事デートの作戦を練るべし。で、4日目辺りからタイミングを見て食事に誘うのです。

この時、これまでの手ごたえ次第で明日や明後日でどうかと誘うのもアリですが、できれば少し余裕をみて「来週の水曜か木曜、●●食べに行かない?(飲みに行かない?)」のように、翌週の予定を提案するのがベターですね。

これは直近で誘われてOKすると、ヒマな女、あるいは都合のいい女と思われることを懸念する女性も多いからです。

 

もし誘いを断られたら

断られたら…
当然相手にも選択する権利があるので、必ずしも一発OKをもらえるとは限りません。万が一断られた時に大切なのは、しつこくゴリ押しせずに冷静に対応することですね。

まず、断られた理由が何なのかを自分なりに考えます。相手に直接聞くのもナシじゃありませんが、うまく聞かないと「なんでダメなの?なんで?なんで?」と責めている印象になり、株を落とす可能性が…。

断られた理由は大概、日程が合わない、内容がよくない、そもそも会いたくない(まだ誘うのが早かった)という3つのいずれかです。

このうち問題が日程や内容にあるだけで、相手もこちらにある程度の興味や好意を持ってくれているケースなら話は簡単。

「その日じゃなくていつなら大丈夫」「夜じゃなくてランチなら」のように、相手から何らかの代替え案が出てくるはずです。お互いに会話しながら解決できますよね。

でも、ちょっと難しいのは3番目の「そもそも会いたくない(まだ誘うのが早かった)」場合。代替え案が相手から出ない時はこのケースに当てはまる可能性大ですね。これでしつこくすると、余計に相手の心は離れます。

ですから、ここは「●●さんに会って話してみたかったんだけど、まだ早かったかなあ。ごめんね!」的に爽やかに引き下がって仕切り直すべし。もう無料ですから、もっとコミュニケーションを深めて、後日改めて誘う方が良いわけです。