ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

ハッピーメールの電話番号入力と年齢確認についての不安解消

    

ハッピーメールの年齢認証
僕が優良出会い系アプリと認定したハッピーメールですが、それでもいざ使おうとすると「本当にコレ大丈夫なんかい?」と不安を感じる場面があるはず。女性は僕ら男より更に不安が大きいかもしれません。

まず、最初に躊躇するのが、電話番号入力だと思います。ココで入力したら、何だかガラの悪いお兄さんから電話がかかってきそうですよね。

でも大丈夫!正体不明の出会い系アプリの電番入力には絶対に応じてはいけませんが、ハッピーメールなら安全です。

もちろん僕もハピメ登録時に電話番号認証をしていますが、悪用されたことは一切ないと断言します。ここはサクッと入力して先に進みましょう。

承認作業は機械で自動化されているので、オペレーターのお姉さんと話す必要もありません。時間もわずか数秒で終わってしまいますよ。

そもそも電話番号認証は1台のスマホに対して1つのアカウントしか作れないよう制限するためにあります。

これがないと、1人で複数アカウントを作って何人ものキャラを演じることができてしまうし、アカウントをはく奪された悪質なユーザーも何度でも参加できてしまいます。

電番認証は悪徳業者や冷やかしを増やさないための防波堤になっているわけですね。
 

年齢確認がないのは法律違反!

法律違反!
次に抵抗を感じるのが年齢確認だと思います。ハッピーメールでは、年齢確認を済ませないとメール送信などの基本機能が利用できないシステムになっています。

でも、この「児童(※18歳未満の少年少女)でないことの確認」は出会い系サイト規制法という法律で、全てのマッチングサービス運営者が必ずやらなきゃとダメよと決められていることです。

逆に、書面やクレカによる年齢確認がないのは法律違反の出会い系、もしくは本来異性との出会い目的利用が禁止された「出会い系ではないサービス」ってこと。

「出会い系ではないサービス」という表現は分かりにくいかもしれませんが、例えばtwitterLINEなどが該当します。

また、公式アプリストアからダウンロードできるチャットアプリや掲示板アプリも、その9割以上が本来、出会い系ではありません。

やはり先程の法律で、出会い系(インターネット異性紹介事業)を始める際、運営者には公安に届出をすることが義務づけられています。

ハッピーメールの場合は公式サイトにちゃんと届出済みの表記がありますよ。

インターネット異性紹介事業の届出

でも、無届けの場合はいくら宣伝で恋人探しなどとうたっていても、本来は出会い系じゃないってことです。

一昔前にこれら出会い系ではないSNSやアプリを異性との出会い目的で使う情報が出回りましたが、児童が普通に参加できる場所での恋活は、利用する僕ら大人側も大きなリスクを背負います。絶対オススメできません。

というわけで、本物の出会い系では年齢確認は必須作業です。ハッピーメールでは確認を終えると50P(500円分)のお試しポイントがもらえるので、ここも早々に済ませてしまいましょう。

◎年齢確認の方法

クレカでの年齢確認がお手軽
年齢確認の方法は「クレジットカードによる確認」か「書面による確認」の2種類ありますが、クレカをお持ちなら前者がお手軽。

カード番号を入力するか、ポイントを購入するかで機械による自動認証が行われます。ここも所要時間はわずか数秒ですよ。

番号を入力しても本当に安全なの?と思われるかもしれませんが、ハッピーメールなら心配なし。僕もクレカで年齢確認をしましたが、今日まで勝手にカードを使われたなどの悪用は一切ないのでご安心下さいませ。

でも、クレカがない、あるいは番号を入力するのがどうしてもイヤという方は書面による確認が必要になります。

これは運転免許証・パスポート・健康保険証などの公的証明書をスマホで撮影して画像をアップする方法。ただ、顔写真・氏名・住所などを送ることに抵抗ある方も多いはずです。

その点も心配無用。次のように生年月日、証明書の名称、証明書の発行元の3カ所さえ見えれば、写真・氏名・住所など、その他の情報は全て隠してOKなんです。

ハッピーメールの年齢確認

そもそもハッピーメールは個人情報を悪用するような悪質出会い系ではありませんが、送る情報自体も個人が特定されるレベルではないので安心ですよね。