ハッピーメールで知り合った相手とのアポ取り・デートの誘い方のコツ

更新日:

ハッピーメールで知り合った相手とのアポ取り

ハッピーメール内でメッセージをやり取りして連絡先の交換(LINE交換)さえ済ませてしまえば、あとはハピメを経由しない完全無料の世界。あせらず、更にコミュニケーションを深めていきます。

で、次のステップは実際に会うアポイント(デートの約束)を取ること、いわゆるアポ取りですね。

出会い系サイトやマッチングアプリ初心者の男性は「どんなタイミングで初デートに誘えばいいか、どんな風に誘えばいいか」戸惑うかもしれません。

吹き出し6

でも難しいテクニックとかは何も必要ないので大丈夫!この記事ではハッピーメールで成功するデートの誘い方についてコツをまとめておきます。

アポ取りは慎重過ぎてもいけない!

吹き出し7

冒頭に「あせらず」と書いたものの、何の目標もなくノンビリ構えていても、別の男子に先を越され、横取りされてしまうリスクがあります。

というのも、現段階では女性側もデート相手の候補を1人に絞り込んでいる可能性が非常に低いため。

ハッピーメールに限らず、人気出会い系アプリの女性会員には毎日のように多くの男性会員からメッセージが届きます。

出会い系利用者は、女性の人数より男性の人数の方が2倍以上多いですから。

また、LINEは気に入らなければブロックできる手軽なツールだけに、他に良さげな男がいれば、その人ともLINE交換して連絡を取っている可能性もあります。

吹き出し1

要はまだまだ油断禁物な段階。なので、LINEに移動後は遅くても1週間以内にデートに誘う短期決戦を意識するべし!コレが鉄則です!

アポ取りのタイミングの目安と準備

ただし、短期決戦と言ってもLINEに移った途端、いきなりデートに誘うのはおすすめできません。

吹き出し9

女性は「この人あせってる、ガツガツしててなんか怖い」と感じて警戒心を強めます。そうなると、かえってアポを取りにくくなります。

女性が抱えている不安の大きさは、男性の比じゃありません。

ハピメは気軽な出会い探し向けのマッチングサービスと言っても、ある程度の信頼関係がでぎないうちは、いくらテクニックを駆使してデートに誘っても断られます。

タイミングは3日目以降がベター

まず、僕はメッセージ送信10通前後でのLINE交換を推奨しています(※詳細は次に紹介する参考記事をお読み下さい)。

それを前提にするなら、LINEに移った時点ではまだコミュニケーションが足りていないケースがほとんどなはず。となると、1~2日は信頼度や好感度を高めることに注力したいところですね。

いや、中には初日にデートに誘ってOKくれる子もいますが、確率的にデリ業者や割り切り・援助交際目的が大半。それで良いなら、ハッキリ言って何でもアリです。業者の類は、すぐにでも会いたがっているわけで…。

でも、この記事では一般素人女子とのアポ取りを目的にしています。常識をわきまえた大人の女性は、ほとんど情報のない男とは会いません。自分の身が危ないですから。

既にハッピーメール内で十分やり取りしていた場合は別ですが、通常はLINE交換後も信頼度や好感度を高める時間が絶対必要なんです。

アポ取りまでにやっておくべきこと

というわけで、LINE交換後1~2日ぐらいは相手のプロフィールを見ながら、趣味や嗜好を深堀するべし。

また、男性側も聞くばかりじゃなく、ちゃんと自分についての話題も出して女の子を安心させてあげて下さい。

吹き出し1

特に初デートは食事するケースがほとんどなので、その準備として食の嗜好を知っておくことが大事。

  • ランチがいいのか、夜でも大丈夫なのか
  • 軽い食事(お茶も含む)がいいのか、しっかりした食事がいいのか
  • 食事のジャンルは何がいいのか(好きな食べ物は?)
  • お酒はOKなのかNGなのか

お互いに会話を楽しみながら、これらのポイントをしっかり押さえて食事デートの作戦を練るべし。で、3日目辺りからタイミングを見て誘うのがおすすめですね。

出会い系の初デートで映画はナシ

吹き出し1

ちなみに初デートは食事が「ほとんど」と書きましたが、僕の場合は100%食事に誘います。

いや、映画に誘うとかのノウハウをそれっぽく書いている攻略サイトも意外とあるんですが、正直、ハッピーメールはじめ出会い系アプリでそれはないでしょって思います。

いや、もともとリアルで顔見知り(友達)の女の子と付き合いたくてデートに誘うんだったらアリですけどね。

出会い系アプリでは会って食事しながら話して、うまく行けばホテルが基本の流れであり、その前に映画観るって時間効率悪すぎ…。映画観てる2~3時間は何も話せないですから。

メッセージ段階で映画の話で盛り上がった時に、その流れを利用して「よかったら週末○○観に行きまんか?」と誘えばアポは取れますが…

実際のデート時の効率を考えたら、基本的にはお茶含む食事1本に絞って誘うのがおすすめですね。

で、初デートがうまく行って次回もあるなら、2回目以降に一緒に映画行くのは良いと思います。

あと、初デートでドライブに誘うのもおすすめしません。車がないとどうにも不便な地方だとありえるのかもしれませんが、そうじゃなければナシ。いきなり車は警戒する女性がほとんどです。

デートの誘い方はシンプルでOK

吹き出し2

デートの誘い文句は「よかったら来週あたりゴハンでもどうですか?」という超シンプルなものでOKです。

誘う日が週頭の月曜か火曜なら「よかったら今週末か来週ゴハンでもどうですか?」ですね。

こんな簡単でいいの?と思われるかもしれませんが、ある程度の信頼関係さえできていれば、実際コレで充分イケます。

実はこの超シンプルな誘い文句の中に、女性が受け入れやすいポイントが2つあるんです。

あまり重さを感じさせない

まず「デート」ではなく「ごはん」と書いてます。「今度ご飯食べにいこー、おごるよー」ぐらいのニュアンスですね。内容は一緒でも「デート」と書かれると、ちょっと身構える女性も多いんです。

それに頭に「よかったら」という言葉を付けているので、より柔らかいニュアンスになってます。

この時「美味しいイタリアンのお店があるので」とかの理由付けが必要と書いてあるノウハウも見かけますが、僕調査だと「わざとらしい」「マニュアルっぽい」という女性の声が多数派だったりします。

あとは「ごはん」と書かずに、最初から「ランチ」でもと誘うこともあります。夜より昼の方が女性の心理的なハードルは遥かに下がるので、特にやり取りしていて「警戒心が強そう」と思える相手には有効です。

加えてランチは、男性にとって出費が抑えられるメリットもありますよ。ハッピーメールで活動していれば、普通、複数の女性とデートすることになりますからね。

ざっくりと時期を提示する

2つ目のポイントは一応「来週あたり」と、ざっくり時期を提示していること。

これによって、女性側も具体的にスケジュールを考えることになり、なおかつ、日にちを絞り込みすぎていないので断る理由を見つけにくくなります。

「ごはんでもどうですか?」だけだと、誘われた側も「ですねー(内心:気が向いたら…機会があれば…)」的な適当な返事をしてウヤムヤにしやすいんです。

逆に日にちまで決め打ちしてしまうと、万が一断られた時に「なら15日は?」「じゃあ18日は?」のように詰め寄る流れになってしまいます。

僕はOKをもらった後に、のんびり日にちを詰めるようにしてます。

それまでの手ごたえ次第では明日や明後日でどうかと誘うのもナシとは言いませんが、やっぱり少し余裕をもって翌週の予定を提案するぐらいが成功率高いです。

理由は直近で誘われてOKすると、ヒマな女、都合のいい女と思われることを懸念する女性も多いからです。

ただし、そうは言っても翌々週以降の提案はさすがに遠すぎです、念のため。

出会い系アプリの場合、そんなに先のアポだとドタキャン率がめっちゃ上がります。会う当日までに女性のテンションが落ちてくるし、他の積極的な男に持って行かれるリスクも高まるので…。

吹き出し8

僕の場合、いつもこのようにシンプルに誘ってますが、普通にOKもらえますよ。

で、その後で日時や場所、どんな店がいいのか詳細を詰めればいいんです。そのやり取りもまた楽しいわけで。

ここでデートに誘う前の準備として、相手の食の嗜好を探っていた努力が生きてきます。その情報を元に良い提案ができるはずです。

もしデートの誘いを断られたら

断られたら…

ただし、どんなネトナンの達人でも、デートに誘えば必ずOKをもらえるなんてことはありません。当たり前ですが、女性側にだって好き嫌いを選択する権利がありますから。

吹き出し7

で、万が一断られた時に大切なのは、しつこくゴリ押しせずに冷静に対応することです。

まず、断られた理由を自分なりに考えます。

女性に直接理由を聞くのは絶対NGとまで言いませんが、相当うまく聞かないと「なんでダメなの?なんで?なんで?」と責めている印象になり、株を落とす危険性が・・・。

あるいは「それ私に聞く?自分で考えて」と思う女の子も多いはずです。断った理由を言うのって、結構気まずいですからね。

吹き出し9

でも相手に聞くまでもなく、デートの誘いを断る理由って次の3つのいずれかなんです。

  1. デートの日程が合わなかった
  2. デートの内容がよくなかった
  3. そもそも会いたくない(誘うタイミングがまだ早かった)

このうち問題が1か2、つまりデートの日程や内容にあるだけで、相手もあなたにある程度の興味や好意を持ってくれているケースなら話は簡単。

「再来週なら」「○日なら」「夜じゃなくてランチなら」のように、女性側から何らかの代替え案が出てくるはずです。あとはやり取りして調整すれば、即効解決できますね。

しつこく食い下がるのは絶対NG

でも、ちょっと難しいのは3番目の「そもそも会いたくない(誘うタイミングがまだ早かった)」場合。女性側から何も代替え案が出ない時はコレに当てはまる可能性大です。

まだ心の準備ができていない、つまりはあなたへの信頼度や好感度が足りない段階なので、しつこく食い下がると、相手の心は余計に離れます。その時点でリベンジのチャンスは吹っ飛びます。

吹き出し4

ですから、ここはダメ元ぐらいの気持ちで「まだ早かったですね。焦っちゃってごめんね!」とひとまず爽やかに引き下がって仕切り直すべし。

既にLINE交換して完全無料の世界に入っているわけですから、もう少しコミュニケーションを深めて、後日改めて誘った方が成功率は高いですよ。

でも2度目のチャレンジでもやっぱり冷たい反応が返ってきたら、さすがに脈なし確定。あきらめてターゲット女性を変える潔さが必要です。

ハピメにはまだ見ぬ女の子が大勢活動してます。

出会い系アプリで1人にこだわり過ぎるのは、時間とコストの無駄。リアルでは通常ありえないぐらい沢山の女性とやり取りできるのが、ネット恋活のメリットですから。

ハピメでのデートの誘い方のコツまとめ

  • アポ取りのタイミングはLINE交換後3日目以降1週間以内を目安に。
  • デートに誘うまでのやり取りの中で相手の食の嗜好を探りつつ、好感と信頼を得ることが大事。
  • デートの誘い文句は「よかったら来週あたりゴハンでもどうですか?」でOK。
  • 万が一断られても、しつこくぜず冷静に。原因を修正して後日リベンジしよう。

-ハッピーメール攻略

Copyright© ハッピーメールアプリの口コミ評判と評価 - ハピメ本気レビュー! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.