ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

ハッピーメールのGOFUN(ごはん)の使い方徹底解説!

    

ハッピーメールGOFUN(ごはん)の使い方
食事デートを募集&応募する掲示板は、今や優良出会い系アプリの定番。最初からお互いの目的が一致しているので、話が早くまとまる=即会いしやすいのがメリットですね。

例えば、ワクワクメールには「一緒にごはん」掲示板、PCマックスには「ランチやディナー行こう」掲示板があります。

今までハッピーメールにはこの手の専用掲示板がなかったんですが、2018年6月、満を持して登場したのが「GOFUN(ごはん)」です。

GOFUN(ごはん)への登録方法

GOFUNは他の出会い系アプリのような掲示板の中の1カテゴリーではなく、独立したコンテンツになっています。

ハッピーメール内でも簡単に使い方が解説されてますが、ココでは募集のコツなども含め、もう少し詳しく解説しますね。

GOFUNへの入口が見つからない時

GOFUNへの入口はハッピーメール「ホーム」画面の下の方にある「コミュニティ」コーナーにあります。

ハッピーメールGOFUNへの入口

でも、年齢確認を済ませていない、もしくは対象エリア外の場合には表示されないようです。年齢確認を済ませているのに表示されない場合は、残念ながら対象外の可能性がありますね。

現在、どこが対象なのか正確には不明ですが(スイマセン!)、どうやら東京都と福岡県からスタートして順次拡大していく方針のようです。

現時点だと、東京都では表示されますが、埼玉県や神奈川県では表示されません。東京周辺の方でGOFUNを利用したい方は自分のエリアを「東京都」に変えると表示されるますよ。

参加条件は20歳以上

ハッピーメールには18歳以上が参加できますが、GOFUNに参加するのは20歳以上が条件になります。たぶん、これは飲みを想定しているからなんでしょうね。

別でプロフィール登録が必須

GOFUNを利用するには、ハッピーメールのプロフィールとは別に専用のプロフィール登録が必須です。

トップ画像(顔写真)をアップして、250文字以内でアピール&エスコート文(自己紹介文)を入力したら「登録する」ボタンをタップして下さい。

「申請を受け付けました」というメッセージが表示されます。

GOFUNに登録申請

あとは審査の結果を待つだけ。僕の場合は5分程度で審査が完了しましたが、サポートでは10分以内とうたっていますね。

再度GOFUNにアクセスし直した時、次のように登録完了メッセージが表示されていればOK。エントリーできる状態になります。

GOFUN登録完了

ちなみに、とりあえず審査を通すだけなら、写真さえちゃんとしたものをアップすれば、僕の場合、アピール&エスコート文は「よろしくお願いします」だけでも通りました。
 

GOFANの仕組みと料金体系

GOFUNの仕組みと料金体系は、ハッピーメールの掲示板とは違います。女性は完全無料ですが、男性は有料。まずはポイント減算表から見てみましょう(1P=10円)。

ハッピーメールGOFUNの料金体系

乾杯、エントリーなど、普段ハピメを使っていても登場しない用語もありますね。というわけで、ここからは実際の流れで、どのようにポイントが消費されていくかを解説していきます。

エントリーのやり方

エントリーとは掲示板で言えば、募集の投稿をするようなもの。1回につき10P=100円かかります(※ただし後に書くように無料でいけるケースもあります)。

GOFUNに登録しても、自分がエントリーしないことには誰のプロフィールも見ることができないので何も始まりません。

エントリー時間には制限があって毎日8時~24時の間だけ。これ以外の時間帯はできません。

また、翌日朝5時に全てリセットされるので、再度エントリーする場合はまた10P=100円かかることになります。

となると、できるだけ多くの人に見てもらうためには、やはり朝8時~昼12時の間にエントリーしておくのがベターかなと。

逆に24時ギリギリでエントリーしても、ほとんど見られることなく5時にリセットされてしまう可能性大。10Pが無駄になるのでやめた方がいいですね。

もう1つ、GOFUNにエントリーしている間は、ハッピーメール本体のプロフィールも一切編集・変更できないので注意して下さい。

エントリー自体は別に難しいことありません。

まずはこちらの人数を選択して(複数人数同士もアリですが、普通は1対1になると思います)次に「今日の飲み方は?」では次の項目から当てはまるタグを選択します。

  1. 誘いたい相手(飲み友・ごはん友など)
  2. 今日の気分や状況(ちょっと食べたい・明日休み・出張中など)
  3. お会計(おごります・多めに払います・割り勘など)
  4. 飲みたいもの(ビール・日本酒など)
  5. 食べたいもの(和食・洋食・中華・焼き肉など)
  6. 遊べる時間(気分次第で・2時間ぐらい・終電までなど)
  7. これはお断り(タバコNG・個室NG・お酒NGなど)
  8. 希望する雰囲気(ランチ・ディナー・まったりなど)
  9. 希望するお店(居酒屋・カフェ・ダイニングバーなど)

タグはいくつでも選べますが、あまり多すぎても相手が見た時に分かりにくいので、10個ぐらいが適当だと思います。

特に男性は「お会計」のタグは必ず選んでおくべし。最近は割り勘OK派の女性も増えてますが、やっぱりマッチング率を上げるなら「おごります」か「多めに払います」を選んでおくのがいいですね。

あとは「今日の飲み方は?」でどんな内容の食事にするか選んでいるので、20文字まで入力できる「ひとことコメント」には「だいたいの場所と日時」を書いておけばOKです。

エントリー後からユーザーの追加まで

エントリーすると、自分のプロフィールと募集内容が他のユーザーに表示されると同時に、自分も他のユーザーを見られるようになります。

GOFUNのプロフィール

見られるユーザーの人数は最初は10人で、その後1時間ごとに5名ずつ追加されていきます。2時間後には20人のユーザーが見られる状態になっているわけです。

ただ、実はこの人数には異性だけじゃなく同性も含まれています。今のところ参加人数が少ないためか、10人中6人が男だったりするケースも。全く意味ないので、ここは改善してほしいですね(^_^;)

もし時間がたつのを待たずに、最初からもっと多くのユーザーを見たい場合は、10P=100円で5人ずつ追加できます。これがポイント減算表にあった「ユーザーを追加する」機能です。

ユーザーの追加は、次のように性別と年代を選択できます。

GOFUNにユーザーを追加する

乾杯からマッチングまで

で、気になる相手がいたら2P=20円の消費でプロフィールに設置されている「乾杯」ボタンをタップ。相手からも乾杯が返ってきたらマッチングが成立し、ココで初めてメッセージ交換が可能になる仕組み。

もう食事デートすることはお互いに納得しているわけで、あとはメッセージ交換(男性は通常メールと同じように送信に5P=50円消費)して日時・場所を詰めていくだけです。
 

GOFUN(ごはん)は使うべき機能か?

ハピメの新機能、GOFUNは使うべきか?ですが、僕はまだまだ不満点はありつつも、登録して使ってみる価値はアリかと。

というのも、冒頭に書いたように話が早く進むから。今のところ、業者の紛れ込みも少ないので、一般女性と即会いしやすいのです。

しかも!実はまだ利用者が少ないので(←良くも悪くもですけど)、10P=100円かからず無料でエントリーできることが多いんですよね。

gofunに無料で参加出来る場合

でも、まだまだ課題もあります。

まずはGOFUNで見られるのは専用に登録した写真とアピール&エスコート文(自己紹介文)だけなので、相手の情報が少ないまま、2P消費の「乾杯」を押さなければならない点。

乾杯を押す前に相手のより詳細なプロフィールを見たければ、いったんGOFUNから離脱してハッピーメールのプロフィール検索のニックネーム検索で相手を見つけるしかないんです。これはかなり不便。

あとは先程も書いたように、現状ではエントリーしている人、特に女性の数がかなり少ない点でしょう。よく言えば穴場とも言えますが、候補になる女性の選択肢がまだまだ少なすぎると感じます。男も結構表示されるし(^_^;)

今後、利用者数が増えて、もっと使いやすいサービスになることに期待ですね!