ハッピーメールとYYCを徹底比較してみた!本当に使えるのはどっちだ?

更新日:

ハッピーメールとYYCを比較

YYC(ワイワイシー)は婚活事業を展開する東証一部上場企業、株式会社IBJの子会社が運営する大手出会い系アプリの1つ。

元々はライブドアが立ち上げて、その後LINEグループ、mixiグループ、そして現在のIBJグループと超有名企業の傘下を渡り歩いてきた老舗サービスですね。

YYCも多くの出会い系アプリ評価サイトでオススメされているため、ハッピーメールとどちらを選べばいいか迷うかもしれません。

吹き出し6

というわけで2020年、本当に使えるのはどっちなのか、ハッピーメールの評判と評価と同じ項目でYYCを採点し、白黒ハッキリさせたいと思います!

YYCとハピメ比較結論&採点表

吹き出し2

お急ぎの方のために結論から言ってしまうと、ひいき目ナシにハッピーメールの完勝です。

まず、決定的なのがアクティブ会員数の差。女性が日々、掲示板に書き込んでいる投稿数を計測すると、ハピメの方がYYCより3倍近くも多い。活気が全然違います。

コスト面もハピメの圧勝。実はYYCってポイント購入時の消費税をユーザーが負担する仕組みなのでメッセージ1通送信55円、プロフ閲覧11円。ハピメはメッセージ1通50円、プロフ閲覧無料。

メール1通当たり5円安い点でも、女性のプロフィール見放題&足あと付け放題な点でもハッピーメールのポイント消費の方が断然少ないんです。

登録時に最大でもらえるお試しポイント量も、当サイト限定特典を含めるとハピメの方が1,205円分=メール20通以上分も多く、最初から断然有利。

更に安心安全面でも、YYCには電話問い合わせ窓口がないのに対し、ハピメはメール問い合わせはもちろん電話問い合わせにも24時間対応。サポート力が全然違います。

YYCはポイント制出会い系としては珍しくアダルトカテゴリーがなくピュアカテゴリー専門という個性がありますが、実際にはデリ業者や援助交際目的も結構紛れ込んでいて、どうもコンセプトが曖昧。

正直、ピュアな出会いなら定額制マッチングアプリがあるし、アダルトな出会いならハッピーメールの方が圧倒的に強いという中途半端なポジションに陥ってます。

というわけで、採点結果は表の通り。ほぼ全ての項目でハッピーメールがYYCを上回る結果になりました。厳しく言ってしまうとハピメ・ワクメPCMAXの3強を押しのけてYYCを使う理由は見当たらず、どうしても4番手扱いになりますね。

■YYCとハピメ比較採点表


評価項目 YYC ハピメ
運営年数(10点) 10点 10点
会員数(10点) 8点
1400万人
10点
2000万人
料金(10点) 7点
メール55円
プロフ閲覧10円
お試し495円
9点
メール50円
プロフ閲覧無料
お試し1700円
男女比(20点) 16点 18点
会員の質(20点) 16点 18点
安心安全(10点) 8点
電話窓口なし
10点
電話24時間
口コミ(20点) 16点 18点
総合(100点) 81点 93点
公式サイト

■プロモーション動画比較


YYC ハッピーメール

吹き出し2

ここからは両者の違いをもっと詳しく知りたい方のために、採点理由についてもっと深く突っ込んで解説していきます。

運営年数

■YYC 10/10
■ハッピーメール 10/10

YYCはライブドアが創設した前身のワイワイクラブから数えて、約20年もの歴史がある老舗出会い系です。2001年創設のハッピーメールと同じく、文句なしに満点評価。

会員数

■YYC 8/10
■ハッピーメール 10/10

YYCの公式によれば累計会員数は1400万人。ハッピーメールの2000万人と比べれば7割程度ですが、出会い系業界の中では最大規模の大手なのは間違いなし。

ただ、公式発表の「累計」会員数には退会した人達や幽霊会員も大量に含まれているわけで、実は現状の出会いやすさを推し量る指標としてはあまり使えません。

そこでピュア掲示板に書き込まれた女性の投稿数を比較してみます(東京都、同日21:00~24:00の投稿数)。

・YYC 32件
・ハピメ 89件
・ワクメ 48件(参考)

ご覧のように、実際に活動しているアクティブ会員数には、もっと大きな差がありそうです。

YYCは公式発表の会員数は1400万人と多いのに、実は800万人とうたっているワクワクメールより、女性の掲示板への書き込みが少なく活気がない…。

巷の出会い系紹介サイトの評価がそこそこ高い割に、YYCを使ってみると、どうもマッチングしにくいと感じるのは、このアクティブ会員数の少なさが理由の1つだと思います。

実際にはハピメの半数以下のユーザーしかいないのではないでしょうか。ここはハピメの圧勝ですね。

料金

■YYC 7/10
■ハッピーメール 9/10

YYCとハッピーメールは1P当たりの料金が違うので注意です。

YYCは1P=1円と思っている方が多いのですが、実は1P=1.1円と消費税10%分高い設定。これは盲点で紹介サイトでもあまり触れられていません。でも、メール送信料金なども変わってきますよ。

一方のハッピーメールは1P=10円。これを踏まえて料金を評価します。

まず、YYCのメール送信は50P。金額に換算すると50P×1.1円=55円になります。ハピメは5P=50円。実はYYCのほうがメール1通あたり5円高いってことです。

次に、YYCのプロフ閲覧は10Pなので金額換算で11円。ハッピーメールは無料。この差は僕ら男の行動に強く影響します。

YYCで100人のプロフィールを見れば、1,100円かかります。プロフィールを見る際、どうしても心理的にセーブがかかり、閲覧人数が少なくなりがちなんです。

でも、ハピメのほうはお金を気にせず、大勢のプロフを好きなだけ見て相手を選べるんですよね。

更にYYCでもらえる初回のお試しポイントは最大でわずか450P=495円分。ハッピーメールは当サイトの限定特典50Pも含めると最大170P=1700円分。

ハピメのほうがYYCより1,000円以上、メールにすると20通分以上も多くお試しポイントをもらえます。

メッセージを1通送るだけで数百円も取るような悪質出会い系アプリが多いことを考えれば、YYCも充分良心的な料金設定ですが、ハッピーメールと比較してしまうと物足りなさは否めません…。

男女バランスの良さ

■YYC 16/20
■ハッピーメール 18/20

男女バランスは出会いやすさを左右します。マッチングアプリでは女性比率2割台なら合格点、3割台なら優良、4割台は超超優良の部類。それだけ女性優位の世界ってことです。

YYCは男女それぞれの会員数を誰にでもオープンにしてます。これはポイント制出会い系アプリとして希少であり、その姿勢自体は評価できます。ただーし!

僕は昔からYYCの男女比を追っていますが、長年、女性2割前後だったのに、数年前のある日を境に男性の数が一気に50万人も減り、逆に女性の数が50万人も増えてバランスが激変…。

いやー、現実的には起こりえない大変動ですね。こーゆー数字の操作をされると、信頼ガタ落ちです(^_^;)

というわけで、2019年3月時点では下の画像のように、男性1,498,956人、女性1,002,540人で女性比率4割になってますが…

YYCの男女比は?

使用感からはそんなに高いとは思えず、実際には昔とほぼ変わらず、女性比率2割前後ではないかと僕は見てます。

ちなみに2020年1月時点の表示をチェックしたところ、次の画像のようになっていました。

YYCの男女比2020年

2019年3月からの9ヶ月間で、引き続き男性が5万人減り、女性が6万7千人増えて、結果女性比率42%に上昇。成長している出会い系なら、男女ともに増えていくのが普通なので、やっぱり怪しいですね(^_^;)

また、YYCの場合、人口の少ない田舎では女性会員数がかなり少なく、物足りなさを感じると思います。

一方ハッピーメールは男性と女性の数は非公開ですが、マッチング率から推測するに、恐らく女性3割前後でしょうか。少なくとも、YYCより出会いやすいのは間違いなし。

あとはハピメの方が宣伝に力を入れているため認知度が圧倒的に高く、田舎でも比較的女性会員が多い点も強みと言えます。

邪魔者の存在

■YYC 16/20
■ハッピーメール 18/20

出会い系の邪魔者とはサクラ・業者キャッシュバッカーのこと。

YYCは上場企業のIBJブランドを傷つけるわけにはいきませんから、ハピメと同じく、サクラは使ってません。ここは問題なし。

ただ、YYCにはアダルト掲示板がない分、デリ業者や援助の紛れ込みはハッピーメールより、やや少ないと感じます。

その一方で、キャッシュバッカーはハピメより多くいます。業界全体として取り締まりを強化した結果、2020年、キャッシュバッカーってほとんどいなくなってますが、YYCにはまだ残党がいる感じです。

というのも、キャッシュバッカーが小躍りしそうな好条件の女性限定キャンペーンを実施しているため。

まず、YYCの場合、女性はメール返信1通につき3マイル貯まります。楽天Edyに交換すると1マイル=0.6円分なので、3マイル=1.8円分。ハピメの場合はメール返信1通2円なので、ほぼ一緒です。

でも、YYCは月1回程度、男性とメールを2往復するだけで100マイル=60円もらえる女性限定キャンペーンをやるんですよ。

2往復ずつ30人とやり取りすれば、3000マイル貯まり、楽天Edy1800円分と交換できるわけです。だから、メッセージのやり取りがすぐに途切れてしまう子が、他の出会い系に比べて非常に多い…。

各社、キャッシュバッカーを減らす方向で条件を絞っている中、これだけ甘~いボーナス企画をやっているとこって、今どきYYCぐらいじゃないかと。

とにかく女性が大勢いるように見せたいという運営の方針なんでしょうが、小遣い稼ぎ目的の冷やかしがいくら増えても意味ないので、もう、やめればいいのにと思うんですけどね。

YYCはログインするだけで足あと、ウィンク、タイプ、いいね!などが結構つきます。

これ、ほとんどがキャッシュバッカー、残りは業者と見ていいと思います。メールが来る割には出会いに結びつかないのはYYCの弱点と言えますね。

ちなみに、YYCはアダルトカテゴリーを廃止してピュアカテゴリー専門になった、ポイント制出会い系アプリとしては異色の存在。

でも本当にアダルト目的の利用者がいなくなって、ピュア特化型として機能しているかと言えば正直そんなことありません(^_^;)

例えば女性のプロフィールには「バスト」の項目があったり(←本物のピュア特化型には絶対無い項目ですw)、どうもコンセプトが中途半端なんですよね。

YYCのプロフィール項目

実際にデリ業者や援助っぽい人達も結構紛れ込んでますし。その点もアダルトカテゴリーとピュアカテゴリーに掲示板が分かれているハピメの方が、相手の目的や質を見極めやすいと感じます。

安心安全

■YYC 8/10
■ハッピーメール 10/10

YYCの強みはやはり東証一部上場の(株)IBJグループという点。IBJの子会社ダイバーズが運営しています。

ハピメの運営会社(株)アイベックに比べるとIBJの方が知名度があるので、一般的にはYYCの方が安心感が強いと思います。

ただ、実際のサポート体制はハッピーメールの方が断然手厚い…。

YYCの問い合わせはメールのみで、電話窓口はありません。昔はあったんですが、現在は閉鎖されました。対してハピメはメールサポートはもちろん、電話受付も24時間体制。今、電話も24時間のマッチングサービスって、ハピメぐらいですよ。

企業ブランドから来る安心感はYYCに軍配ですが、実質はハピメの方がユーザーサポートにより熱心だと感じます。

口コミの評判

■YYC 16/20
■ハッピーメール 18/20

YYCの口コミを調べると、やはりここまで触れてきた「サクラが多い(←実際にはサクラではなくキャッシュバッカーや業者ですけどね)」「思ったより人がいない」「料金が高い」などの声が目立ちます。

もちろん「出会えた」という口コミもありますが、ハッピーメールの評判と相対的に比べてしまうと、点数を下げざる得ません。

ハッピーメールとYYC比較まとめ

■YYC総合点 81/100
■ハッピーメール総合点 93/100

こうして比べてみると一目瞭然。結構な実力差があると思います。

YYCも優良出会い系アプリの1つには違いないのですが、比較対象がハピメとなると、出会いやすさもコストもかなり見劣りします。戦う相手が悪いという感じでしょうか。

複数のサービスを同時に使うのがポイント制出会い系攻略のセオリーなので、両方利用するのもアリですが、YYCはあくまでサブ。

メインサイトとして、ポイントを多めに投入する価値があるのはハッピーメールの方だと思うわけです。

ワイワイシーに無料登録
ハッピーメールに特典付き登録

-他の優良出会い系と比較

Copyright© ハッピーメールアプリの評判と評価 - ハピメ本気レビュー! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.