ハッピーメールは出会えない?そう感じた時の5つのチェックポイント!

更新日:

ハッピーメールは出会えない?

「ハッピーメールは出会えない」という男性の口コミを見かけることがあります。でも、ハピメはガチで出会えるアプリであり、僕的にはココで会えなきゃ他じゃもっと難しいよねと思うぐらいです…(^_^;)

ちなみにハッピーメール公式には「出会える確率74.5%」というキャッチコピーがあります。これを信じるなら、会員の10人中7人以上は出会えているってこと。かなりの高確率ですね。

ただ、この数字を逆に読むなら「10人中3人弱はハッピーメールで出会えない」ということでもあり、確かに冒頭のような悪い評判があるのも仕方のないところかなと。

そうです。これはハッピーメールだけに当てはまることじゃないのですが、どんなに出会えると評判でも、会員全てがマッチングするアプリなんてないんです。

いや、リアルの合コンやお見合いパーティーだって、結婚相談所だって全員がカップルになれるサービスなんてあり得ないですしね。

吹き出し7

この記事ではハッピーメールで恋活しているけど、いっこうに出会えない時、見直してみるといいよーというチェックポイントをまとめておきます。

ハピメで出会えない5つの理由と対策

でも、なぜ26.5%のハッピーメール会員は出会えずに終わってしまうんでしょうか?

出会えない男性にはある程度共通する理由があります。ここでは特に多い5つの原因を挙げて、それぞれの対策をまとめておきます。

吹き出し6

思うように出会えないという方は、1項目ずつ丁寧に確認してみて下さいね。

1.プロフィールや写真の魅力が乏しい

言うまでもなく、プロフィールはあらゆるマッチングサービスで出会いの確率を左右する超重要パーツ。

ファーストメールを送ると普通の女性は必ずプロフィールを見て、興味が持てる男性にだけ返信します。でも、空白だらけでどんな人か分からなかったり、どこにも惹かれるポイントがなかったりすればスルーします。

手抜きプロフに反応する(メールをくれる、いいねをくれる)のは、お金が目的の業者や援助交際の類だけ。

一般女性の反応が欲しいなら、まずはプロフをガチッと作り込んで自分の魅力をアピールするべーし!基本中の基本ですよね。

また、最近は出会い系アプリ全体として顔写真を掲載する利用者が増え、その印象がマッチング率に大きく影響するようになりました。ハピメにも、主に見た目を気に入った相手に送るタイプ機能があります。

そりゃー美男美女が有利なのは間違いありませんが、顔面偏差値低い僕だってちゃんと出会えるし、逆に写真の印象次第じゃイケメン君だって出会えないこともあります。

好感度の高いプロフ写真については別記事に詳しくまとめたので、ここでは主なポイントを挙げるだけにとどめますが、特に大事なのは次の3点。

  1. 明るい・爽やか・清潔・優しい・自然体といった安心感につながる印象重視
  2. 顔の大きさはドアップNG!全体の2分の1以内に収める
  3. 自撮りより、友達などに写してもらった他撮りがベター

逆に自撮りでカメラをじっと見つめるような写真は、よほどの美男じゃないと女性から敬遠されます。ナルシストなイメージって安心感につながらないんですよね。

2.メールのマナーがイマイチ

え?まだよく知らないし・・・

メールのやり取りはプロフィールとともに出会いに直結する車の両輪。どちらが欠けても出会うのは難しくなります。

プロフィール写真のところにも書いたように、出会い系アプリで出会える人の共通点は安心感のある人です。

リアルで知り合った男なら、危険でミステリアスな雰囲気も魅力になり得ますが、それは女性側が実際に五感で情報をキャッチした上で魅力を感じているため。

怖そうだけど、実はふと優しい表情を見せる男だった、正義感あふれる発言をする男だった…そんな一面を見ているからこそ魅力になるわけ。本当に、ただの危ない人だったら、誰も近寄りませんよね(^_^;)

吹き出し4

でも、ネットの場合は実際に会うまで表情も見えないし声も聞こえません。仕草も見えません。動かない写真と文字の印象しかないんです。


リアルに比べて相手に伝わる情報量が圧倒的に少ないため、危ない雰囲気はそのままの印象にしかなりません。

文字の影響力が強いことは、僕のような男にとっては外見より中身で勝負できるメリットなんですが、メッセージの内容によってはデメリットにもなりえるんですよね。

出会い系アプリで最も多い失敗が、女性の心の準備ができていない段階でガツガツ迫ってドン引きされてしまうパターン。

できるだけ早く会いたいのが男子の本音ですが、業者や援助じゃない一般女性は信頼できる相手かをしっかり見極めてからじゃないとLINEも交換しないし、会いもしません。

当然ながら、ファーストメールでいきなりLINEしようと言ったり、今から会いたいと言ったりするせっかちな男性は嫌われます。

「とりあえずLINE教えて。とりあえず会ってみよ?」的なスタンスだと、業者や援助交際目的にしか会えませんよ。コミュニケーションを深めて、この人なら大丈夫と思われる努力が絶対必要なんです。

女性の気持ちを考えて焦らずにコミュニケーションを取れる人、余裕を感じられる紳士的な人の方が圧倒的に出会えます。この姿勢はたとえ目的がセフレ作りだとしても変わりません。

リアルで女性をデートに誘う時のことを考えたら、当たり前なんですけどね。顔が見えないネットだと、どうしてもその辺が適当になってしまう男子が多いんです。

3.女性への気遣いがイマイチ

メールのマナーに書いた内容とかぶる部分もありますが、とにかく大事なポイントなのでチェック項目に挙げておきます。

女性はネットで知り合った相手と会うことに、男性よりも遙かに大きな不安を抱えています。僕らにはその不安を解消してあげる気遣いが不可欠なんです。

吹き出し3

まず、言葉遣いが馴れ馴れしいとチャラい男として警戒されます。


かと言って、堅すぎる言葉遣いも親しみが感じられないので、目安として敬語とタメ語は7:3ぐらいのイメージがいいんじゃないかと。

もちろん、コレはあくまで目安で、実際にどう感じるかは相手の性格にもよります。もっとくだけた雰囲気が好きな女性もいます。

敬語7割を基本に、タメ語をどれぐらいの割合まで増やしてくだけていくかは、沢山の女性とやり取りしているうちに、反応を読み取って変化をつけられるようになってきます。

こればかりは成功体験、失敗体験を積むことで自然に備わってくるもの。だからこそ後に書くように、とにかく積極的にアプローチすることが大事なんですよね。

ただし、1つ言えるのは、どんなにくだけたとしても、実際会うまで丁寧さを残しておいた方が好印象につながりやすいってこと。先程書いたように、文字だけで伝えられる情報には限界があるためです。

吹き出し3

次に愚痴や人の悪口は絶対NG。当たり前ですが、ネガティブな発言や攻撃的な発言が多い人に対しても、女性は大きな不安を感じます。


明るくポジティブな印象こそが警戒心を解くんです。

あとは聞き上手がモテるのはリアルな会話だけではなく、メールでも一緒。プロフィールをしっかり読んで、女性が何を話すと楽しいか考えながらリードするのが男の役目です。

逆に俺が俺がといつも自分の話題に持っていこうとする人、自慢話ばかりする人はメッセージ交換の段階で切られます。僕らだって、会社の上司の話を一方的に聞かされる飲み会なんて行きたくないですよね。

女性と共通で盛り上がれる話題の1つや2つはいつも情報として持っておくべし。これがないと、たとえデートできても会話も弾まないので、どっちみちうまくいきません。

吹き出し2

メールの会話は適度に質問を織り交ぜながら、相手側の話題が6割、自分の話題が4割ぐらいのイメージが良いと思います。


最後に、デートに誘う際も女性への気遣いが大事。そのタイミングや誘い方については次の記事に詳しく書いたので参照下さい。

4.相手の選び方が悪い

ハッピーメールには運営が雇ったサクラはいませんが、業者やキャッシュバッカーの類は紛れ込んでいます。質の悪いユーザーの登録は、どんなに優良と評判のマッチングアプリでも、どうしても防ぎ切れません。

特に出会い系アプリの場合、Pairs(ペアーズ)のような恋活婚活アプリと違ってカジュアルな出会い目的のユーザーが多いメリットがある一方、その分、特に業者に狙われやすいのがデメリット。

そこで僕らも質の悪い相手を見分ける眼力が必要になってくるんです。と言っても、最近の「恋活婚活アプリ信者」達が言っているような難しい話じゃありません。

2020年、メールのやり取りで稼ぐキャッシュバッカーはほぼ絶滅状態だし、業者も特徴を知っておけば見分けられます。あとは冷静に判断することと慣れの世界。

サクラ・業者・キャッシュバッカーの違いと見分け方については、以下の記事で詳しく紹介しているので参照下さいませ。

もう1つ、基本的なこととして、相手を選ぶ際はプロフをしっかり読んで、趣味など、何かしら共通点がある女性を選びたいところ。お互いメールも盛り上がりやすいし、初デートの会話も弾みやすいですから。

5.アプローチする数が足りない

数を打つべーし!

男性が出会うためには、とにかく数を打つことが大事。というのも、ハッピーメールに限らず、世の中の全てのマッチングアプリは必ず男性会員数より女性会員数の方が圧倒的に少ない、女性有利の男女比になっています。

男性7割女性3割が優良マッチングアプリの標準なので(←5:5とかはデマです)単純計算でも女性1人に対して2人以上の男性がアプローチするわけです。女性は消極的なので、実際の競争率はもっと厳しくなります。

吹き出し1

そのため女性は待ちでいいんですが、男性は攻めないと出会えません。これ、マッチングアプリ攻略の鉄則です。


ポイントを節約するために、掲示板に投稿したり、足あとをつけたりして、あとはひたすら待つ戦法を取る男性もいるんですが、これはよほど魅力がある人じゃないと厳しい。たとえ会えても、エラい時間がかかります。

一般女性は待っていてもメッセージをもらえるため、基本的に受け身。積極的にアプローチを仕掛ける男性達に、次々に持って行かれてしまうんです。

逆に女性の方からグイグイ迫ってくるのは、業者・援助交際目的・キャッシュバッカーの類がほとんどなので注意ですよ。

吹き出し2

フラれても、リアルで面と向かってフラれるのに比べたらダメージが小さいのが出会い系のメリットです。


僕も初心者の頃から数え切れないぐらい失敗してきましたが、だからこそメールもうまくなるし、相手の見極めもできるようになってきます。そうなると間違いなくマッチング率もアップします。

たとえブログでネトナンの達人をうたっていても、最初から入れ食いの人なんていないわけで、沢山出会えている人ほど、沢山の女性にフラれてきたと言っていいかもしれません。

この課程を抜きにして、出会い系攻略って難しいと思うんですよね。男子たるもの失敗を恐れず、へこたれず、アプローチし続けるべーし!なのです。

出会えない時のチェックポイント総括

ハッピーメールで出会えない人に多い傾向と対策をまとめてみましたが、これは他の人気出会い系でも一緒です。

ハピメは出会えるアプリであることは間違いありません。もし、うまくデートに結び付かないなら、ここで挙げた5つのチェックポイントのうち、何かが足りないケースが多いはず。

ただ、色々試しても、どうしても出会えない方は本当にハッピーメールとの相性が悪い可能性もあります…。

そんな時は他の優良出会い系アプリにトライしてみるのがいいと思います。オススメはハピメとともに出会い系御三家と言われ、業界を牽引する大手のワクワクメールとPCMAX。

ハッピーメールと比較すると、ワクワクメールはよりピュアに強い、PCMAXはよりアダルト色が強いという特徴があります。

別のサービスで恋活を始めた途端に好みの異性に出会えた!という話も、出会い系あるあるなんですよね。

-ハッピーメール登録後の疑問

Copyright© ハッピーメールアプリの評判と評価 - ハピメ本気レビュー! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.