ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

ハッピーメールがPaidy導入で後払い可能に!ただし注意点もあるよ!

    

後払いPaidyは便利だけど
2019年2月、ハッピーメールが新たな決済方法として「Paidy(ペイディー)」を導入しました。

今までは先に料金を支払って(決済して)ポイントを購入する前払い方式のみの対応でしたが、Paidy導入によって後払いも可能になりました。

先にポイントを追加し、料金は翌月に支払うシステムであり、何らかの理由で前払いできない方には朗報ですね。でも利用するなら、ちゃんとデメリットも知っておくべきです。

ハッピーメールの「あと払いPaidy」の使い方やメリット・デメリットをまとめてみました。

Paidyとは?その仕組みと使い方

Paidy(ペイディー)は「瞬間アトバライ」をキャッチコピーに利用者を増やしている話題の決済サービスです(参考:Paydyホームページ)。

Paidy自体はメールアドレスと電話番号だけで後払いできてしまう画期的なサービス。クレジットカードは必要なし、住所や氏名などの登録も必要なし、購入手続きもあっけないぐらい簡単です。

Paidyでのポイント購入手続き解説

まず、ハッピーメールWEB版で「ポイント追加」画面を開いたら「あと払いPaidy」をタップします。

ハッピーメールのあと払いPaidy使い方

「あと払いPaidyで追加」画面が表示されたら、必要なポイント量を選んで購入ボタンをタップして下さい。

ハピメのPaidy料金表

Paidy決済画面に切り替わったら、メールアドレスと電話番号を入力。

Paidy決済画面

スマホのSMSに4桁の認証番号(PINコード)が送られてくるので、その認証番号を入力すればもう決済完了。ポイントがすぐに追加されます。

Paidyの認証コード

ここまでチャチャッとやれば、わずか1~2分です。こんな風に、後払いなのに何の審査もなく、面倒な登録もなく、超簡単作業でポイントが追加されるのがこのシステムのスゴいとこですね。

支払いは当月何度ポイントを追加しても、まとめて翌月1日に料金が確定し、メールとSMSで請求が来る仕組み。

支払い期日は翌月10日まで。コンビニ払い・銀行振込・口座振替で行います。というわけで、クレジットカードは必要ありません、というか使えません。

ハピメでPaidyを使うメリット

ここまで見てきたことを整理すると、ハッピーメールでPaidy決済を使った時の主なメリットは次の2つになります。

  1. 超簡単に後払いできる
  2. クレジットカードがなくても24時間オンラインで即決済でき、すぐにポイントが手に入る

ハピメでPaidyを使うデメリット

ただーし!冒頭に書いたようにデメリットもあるんです。注意するべきは次の2つ。

  1. もらえるサービスポイントが少ない
  2. 後払いだけに使い過ぎに注意

僕的にはハピメでPaidyを利用する場合、むしろ、メリットよりデメリットの方が大きいと思ってます。詳しく解説しますね。

もらえるサービスポイントが少ない

詳しくはハッピーメールの料金に書いた通り、同じ金額でポイントを購入しても、選ぶ決済方法によってオマケでもらえるサービスポイントは違います。

サービスポイントを沢山もらった方がお得なのは言うまでもありませんよね。

そこで、5000円を使って購入した時にもらえるポイント量を主な決済方法ごとに比較してみると次の通り。

何もオマケがなければ500Pになるところ、実際には「ポイント量」に書いたPがもらえます。また「サービス分」はそのうちオマケのPだけを記載したものです。


決済 ポイント量 サービス分
Paidy 600P 100P
PayPal 700P 200P
銀行振込 700P 200P
クレジットカード 650P 150P


このように、Paidyはサービスポイントが少ないんですよね。Paypalと銀行振込に比べて100P=1000円分も少なーい!

100Pはメッセージ20通分にもなります。それだけあれば、数人の女性とLINE交換できる可能性大です。

クレジットカードがない場合もPaidyじゃなく、口座振替で支払うならPayPal決済で購入した方が、銀行振込で支払うならストレートに銀行振込で購入した方がずっとお得ですよ。

となると、Paidyを選ぶ理由は次のどちらかのケースだけかと。

  1. クレカも銀行口座もない、なおかつ、どうしても前払いできないケース(手持ちの現金がなくてもPを追加できる)
  2. クレカも銀行口座もない、なおかつ、どうしても今すぐポイントが必要なケース(銀行振込よりPを早く追加できる、24時間追加できる)

このどちらか以外なら、他の決済方法を選んだ方がメリットがあります。利用前には、よく検討してみて下さいね。

後払いだけに使い過ぎに注意

ポイント購入は自己管理なので、前払いでも使い過ぎることはあります。でも、お金がなければ購入できないので歯止めがかかります。

一方、後払いはどうしても歯止めがかかりにくい。極端に言えば、お金がなくても当面はサービスを利用できてしまいますから。

ちなみにPaidyで翌月10日の支払い期限を過ぎてしまうと督促メールが来て、それでも払わないとPaidyの利用限度額が下がる、利用自体できなくなる、金融機関のブラックリストに入る、最悪、裁判になるといった経過を辿るようです。

くれぐれも「請求を見てびっくり!金欠で払えねー!」なんてことのないよう、しっかり自己管理して下さいね(^_^;)

後払いPaidy利用の注意まとめ

Paidy(ペイディー)自体は便利なサービスですが、ハッピーメールでの利用についてはポイント購入時のサービスポイントが少ないため、積極的にオススメしません。

また、PayPal・銀行振込・クレジットカードのどれも選択できない状況で、やむをえずPaidyを使うなら、ご利用金額は翌月無理なく払える範囲内でというのが鉄則ですよ。