ハッピーメールでファーストメールの返信率を上げるために

更新日:

ハッピーメールのファーストメール

人気出会い系アプリの中でも返信率高めなのがハッピーメールの強みの1つ。と言っても当然ながら、ただ適当にファーストメール(初回メッセージ)を送れば返事が来るというもんじゃありません。

男性会員はメッセージを送るのに1通5P=約50円(登録から1週間以内の新人女性へのファーストメールは1通7P=約70円)かかるので、返信率が低いと無駄にコストがかさむことになりますよね。

まず、返信率を左右する肝は写真とプロフィールです。ココに魅力がないと、どんなに素晴らしいファーストメールを送っても返信率は悪くなります。

吹き出し2

というわけで、メッセージを考える前に、好感度の高い写真を掲載し、プロフをしっかり作っておくことが大前提!参考記事を紹介しておきますね。

今回の記事では、写真含むプロフィールをちゃんと設定した前提で、ハッピーメールで返信率の高い初回メッセージを書くコツを簡単な例文を交えながら解説していきます。

なかなか返信をもらえないとお悩みの方は、一度チェックしてみて下さいませ。

ファーストメールの役割を確認!

吹き出し1

ファーストメールの一番の役割は自分に興味を持ってもらい、プロフィールまで相手を連れてくるフックになることです。

いきなり「今から会えませんか?」とか「LINEしませんか?」といった完全に女性の気持ちを無視したマナー違反の初回メッセージは論外として…

そうじゃなくても大勢の女性に一斉発信しているコピペやテンプレそのまんまのような内容じゃ、写真がよほどのイケメン君でもない限り、プロフを見る前に逃げられてしまいます。

プロフを見てもらうには、受け取った女性が…

  • ちゃんと基本マナーをわきまえた安心感のある人
  • 面白そうな人(必ずしも笑いではなく共感や親近感でOK)
  • 私のプロフィールをちゃんと見てメールしてきてくれた人

という3つの印象を同時に受ける内容じゃないとダメ。どれか1つが欠けていても、出会い系サイトのファーストメールはスルーされてしまうんです。

これは真面目な恋人探し目的に限ることではなく、例え遊び相手探し・セフレ探し目的であっても変わりません。

ファーストメールに必ず入れる5つの要素

吹き出し6

ここまでを踏まえて、ファーストメールに必ず入れ込むべき要素は次の5つです。

1.簡単な挨拶+相手のニックネーム

冒頭に「〇〇さん、はじめまして!」のように必ず簡単な挨拶と相手のニックネームを入れて下さい。出だしにニックネームがあるだけで、コピペ感はだいぶ薄まります。

2.簡単な自己紹介を入れる

次に「家電メーカーで営業やってる■■といいます」のように、ごく簡単な自己紹介を入れて下さい。

最初にどんな素性の男性か分かると女性は安心します。いや、僕ら男だって、相手の女性が何してる人なのか真っ先に気になるはず。身分を簡潔に明かすことで、基本マナーをわきまえた人という印象にもつながります。

「職業」欄はハッピーメールのプロフィール内にもありますが、それはファーストメールの審査を通過してプロフを見てもらって初めて分かる話。それに職業欄は選択式なので職種しか分かりません。

なので、僕はファーストメールに、ざっくり「どこでどんな仕事をしているか」書くようにしてます。

3.相手のプロフの内容に触れる

相手のプロフィールを読んで「〇〇さんも映画好きなんですねー」のように必ず内容に触れて下さい。

これでコピペ感がなくなるし「ちゃんと私に興味を持ってプロフを読んでくれた」という好印象にもつながります。一番重要なパーツと言えますね。

ネタを見つけるには、特に女性のプロフィールの自己紹介文、写真、興味あることに注目。これら3つには相手の趣味や強い関心事のヒントが詰まっていますよ。

更に「僕も映画鑑賞が趣味で、週にだいたい2~3本は観てます」のように共通点をアピールできればベストですね。

共通点は同じ趣味の他、同じ業界の職業・仕事、同じ出身地、好きな食べ物が一緒など、何かしら見つかるはずです。

逆に言うと、共通点が1つも見つからない女性とはその後のメッセージのやり取りや実際のデート時の会話が盛り上がらない可能性が高いので、最初からターゲットを変えた方が良いかも。

4.相手への質問を1つだけ入れる

質問されると、多くの人は答えないと悪いと感じるもの。返信もしやすくなります。

と言っても、まだ1通目なのでプライベートに深く切り込む重い質問は当然NG。趣味などの軽い話題がいいですね。

できれば「〇〇さんの最近のおすすめ映画ってなんですか?」のように3で触れた話題をふくらます質問だと自然な流れになります。

ただし、プロフィールを読めばわかる内容を質問するのはNGですよ。例えば、料理が趣味と書かれているのに「趣味は何ですか?」なんて聞けば、女性は「ちゃんと読めよ」とげんなりするだけです…。

また、一度にいくつも質問をされると、相手は答えるのが面倒に感じます。1つに絞って質問するようにして下さい。

5.簡単な〆の挨拶

最後に「お返事いただけると嬉しいです!これからよろしくお願いします!」と簡単な〆の挨拶を入れると、常識をわきまえた丁寧な印象になります。

吹き出し8

特にポイントになるのは3の「相手のプロフの内容に触れる」ことですね。

このパーツがあるからこそ「誰でもいいわけじゃない、あなただから興味を持った」というニュアンスが暗に伝わるんです。

長くても200文字以内にまとめる

ハッピーメールの場合、メッセージ本文は最大800文字まで書けますが、長くてもせいぜい200文字以内に簡潔にまとめることも大切。

いや、婚活マッチングアプリの初回メッセージなら、300文字ぐらいのこってり気味の長い文章でも熱意と受け取られる可能性があります。相手もガチですからね。

でもハッピーメールは気軽な出会い目的の利用者が圧倒的にメインです。200文字以上は見たパッと瞬間に重いと感じる女性の方が多いかと…。

吹き出し4

今どきは仲のいい友達同士のLINEでも長文メッセージは敬遠される傾向ですよね。ましてや知らない男から届いた長文なんてまず読まれません。

自分のアピールポイントはプロフィールの「自己紹介」欄にしっかり書いておけばいいんです。ファーストメールの役割はあくまでプロフを見てもらうための「フック」であることを忘れずに!

タメ口全開は余計に警戒されるだけ

吹き出し10

時々、タメ口全開でくだけた文章のファーストメールをおすすめしているノウハウを見かけるのですが、あれは間違いです。

デリ業者や援助交際目的の類なら、それで通じますが、僕らがターゲットにしているごく一般の素人女性はいきなり軽薄で馴れ馴れしいアプローチをされると引きます。

普通の女性は出会い系サイトで知り合った男性に会うことに、大きな不安を抱えています。いきなりのタメ口は緊張をほぐすどころか、逆に危険と思われて警戒されますよ。

吹き出し8

ファーストメールは安心感のある丁寧語が基本。

とはいえ、人間味や面白味の感じられない硬すぎる文章も良くないので、先に挙げた例文のように適度に「!」マークや絵文字を入れて丁寧な中にもリラックスした雰囲気を演出するのがコツです。

ただし、絵文字は使いすぎに注意。男の絵文字全開メールは超高確率でキモイと思われます。ファーストメールの中に1~2個ぐらい使うのがおすすめですね。

僕は絵文字を1個も使わないことも多いですが、それでも普通に返信もらえてます。

100%返信がもらえるわけじゃない

あと、出会い系アプリやマッチングアプリ初心者にありがちなのが、ファーストメールを送ったのに返信が来ないと「冷やかしかよ!」と荒れたり「オレはダメ男や…」と落ち込んだりすること。

でも、ちゃんとポイントを押さえたファーストメールを送っても、返信率100%なんてありえません。女性は沢山の初回メッセージをもらうので、全員に返信するわけじゃありませんからね。

吹き出し9

なので、返信が来ないからと言って、その都度怒ったり、落ち込んだりしていたらキリがありません。

それでもめげずに数を打ち続けている人が、実際に出会えている人なんです。

ただ、あまりにも返信率が低いと感じる場合は、もう一度、写真とプロフィール、そしてこの記事で解説したコツを踏まえてファーストメッセージの内容を見直してみて下さいね。

-ハッピーメール攻略

Copyright© ハッピーメールアプリの口コミ評判と評価 - ハピメ本気レビュー! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.