ハッピーメールでLINEをゲットするタイミングと誘い文句

更新日:

LINEゲット!
ハッピーメールのメール送信料金は1通につき5P消費=50円と良心的です(※1通100円以上取る出会い系アプリも出回っていますが、ボッタクリなので注意!)。

とは言え、延々と有料でメッセージ交換を続けるのはキツいという男子がほとんどのはず。

できるだけコストをかけず効率良く出会うためには、早めにLINE(ライン)やメールアドレスなど、直の連絡先を聞き出して無料でやり取りするのが理想ですよね。

それに直への移動には、小遣い稼ぎ目的で参加している女性、いわゆるキャッシュバッカーやリアルで会う気持ちが薄い暇つぶし利用のユーザーを見抜く効果もあります。

吹き出し4

でもハッピーメールも含め、出会い系初心者の方が難しく感じるのが、LINEを聞き出すタイミングとその時の誘い文句だと思います。

LINEゲットのベストタイミングは?

ほどんどコミュニケーションを取っていないファーストメールやセカンドメールの段階で、いきなりLINE IDを聞いたり送ったりしても、当然うまく行きません。

LINEはイヤな相手を簡単にブロックできるとは言え、普段から友達同士で連絡を取り合うコミュニケーションツール。

IDもめちゃめちゃ大切な個人情報の1つですから、普通に考えて、どこの馬の骨とも分からない男にホイホイ教える女性なんていません。

LINE交換を迫ってくる女性は業者

時々「聞けばすぐに教えてくれるっす!チョロいっす!」的なノウハウが書かれた攻略サイトを見かけますが、まだロクに会話もしていない男とLINE交換するのは業者の類だけですよ。

業者はハッピーメール運営に見つかって利用停止・強制退会処分を食らう前に、こちらのLINE IDをゲットしたいんです。そのため焦って連絡先を交換したがるわけ。

でも、女性はハッピーメール内のメッセージ送信も無料です。

一般の女の子なら、ハピメ内でメールを続けても別に構わないし(←ま、女性側もLINEの方が便利なのは間違いないですけどね)、本来は焦る必要なんてありません。

吹き出し5

女性側から早々にLINEを聞いてきたり、求めてもないのにIDを教えてきたりするのは業者の可能性が濃厚ってことです。

タイミングはひとまず10往復前後

一般女性が相手の場合は、ある程度会話が弾んで打ち解けてきたタイミングを見計らって持ちかけることが大事。

ミラクルな裏技でも何でもなく、ちょっと仲良くなったらラインに誘おうねというごく当たり前のことなんですが「タイミング早すぎな男子が多い」というのが女性達の声なんですよね。

ファーストメール後から、ある程度の関係を築くまでのやり取りの基本については、次の記事を参照下さい。

ただし!何の目標もなく、ダラダラやり取りするのも良くありません。

吹き出し2

スキルが上がれば、もっと早く交換できるようになりますが、最初はひとまずメール10往復前後で仕掛けることを目標にするのがオススメです。

誘い方は男らしくシンプルにいけばOK

誘い文句はシンプルなもので
僕の場合はメール送信5通~10通の間の会話が盛り上がってきたところで「良かったらLINEしませんか?」と切り出します。もっとソフトにいくなら「無理ならこのままでも大丈夫ですよ」と付け加えます。

女の子の方も基本的にはハピメ経由よりLINEの方が便利なので、真剣に出会いを探していて、こちらにある程度興味を持ってくれている子なら、これだけでOKしてくれます。

この時「もっと沢山話したいから」「もっと○○さんのこと知りたいから」的な理由を付けるのもナシとは言いませんが、僕は取って付けたような言葉は別にいらないと思ってます。

女性側だって、男性がメール有料で直接連絡を取りたがっていることは分かってますからね。そこでこのようなセリフが来ると、かえってわざとらしいと感じる子もいます。

他にも「ポイントがなくなりそうだから」的な泣きアピールをノウハウとして紹介している攻略サイトもありますが、実際、僕の知る女性のほとんどの声は「セコいと感じる」です(^_^;)

10往復程度メッセージ交換して下地ができていれば、誘い文句はシンプルに「良かったらLINEしませんか?」で充分ですよ。

吹き出し6

また、OKをもらったら男性側から先にIDを教えるのがマナー。女の子だって、こちらに不安や警戒心がありますから。安心させてあげて下さい。

LINE交換を断られたらどうする?

ただ、LINEに誘えば必ず快諾してもらえるなんてことはありません。どんなメールの達人だって断られることはあります。女性側にだって好みがありますからね。

頑なにハッピーメール内にとどまろうとする子は現時点でこちらに興味がない、こちらを信用していない、もしくはキャッシュバッカーです。

この場合、それ以上粘ったところでプラスになる可能性は極めて低いんですよね。しつこく食い下がれば、余計に相手の心は離れていきます。

そもそもキャッシュバッカーだったら、追いかけてメールすればするほど単にお金の浪費になるし、一般女性だとしてもこちらに興味がない子を口説き落とすのは時間がかかります。

吹き出し1

ここは深追いしないで、スパッと別の女性にターゲットを切り替えるのがあらゆる出会い系アプリ攻略の絶対セオリー。


逃げられると追いかけたくなるのが心情ですが、効率を考えると引き際が大事ってことです。別に長年付き合っていた彼女でも何でもなく、ただ数通メールをやり取りしただけの関係ですしね。

ハッピーメールには他に沢山の女性がいるわけで、会える見込みの薄い子に執着してポイントをごっそり消費してしまうのはモッタイナイですよ。

どうしてもあきらめきれない相手でも「ちょっと早かったですね。ゴメンね!」のように、一度あっさり引くこと。

で、更に5~10通程度やり取りしてリベンジするか、もうデートのアポ取りまでハピメ内でやり取りするぐらいの長期戦覚悟で仕切り直しですね。

吹き出し4

一度断られてからの成功確率は低いし、非効率なので、やっぱりリベンジはオススメはしませんけどね。

ハピメでLINEを交換する方法まとめ

  • LINE交換を切り出すタイミングは、最初はメッセージ送信10通前後が目標
  • 慣れてきたら、相手との距離感を読みながらメッセージ送信5~10通が目標
  • 誘い文句はアレコレ難しく考える必要なく、男らしくシンプルに
  • 断られたら次の女性にスパッと切り替えるのがセオリー

-ハッピーメール攻略

Copyright© ハッピーメールアプリの評判と評価 - ハピメ本気レビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.