ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

ハッピーメールでLINEをゲットするタイミングと誘い文句

    

LINEゲット!
ハッピーメールのメール送信料金は1通につき5P消費=50円と良心的です(※1通100円以上取る出会い系アプリが数多く出回っていますが、どう考えてもボッタクリなので注意!)。

とは言え、延々と有料でメール交換を続けるのはキツいという男子がほとんどのはず。

できるだけコストをかけず効率良く出会うためには、早めにLINE(ライン)やメールアドレスなど、直の連絡先を聞き出して無料のやり取りに移るのが理想ですよね。

それに直への移動には小遣い稼ぎ目的で参加している女性、いわゆるキャッシュバッカーなど、リアルで会う気のない冷やかしユーザーを見抜く効果もあります。

連絡先は昔懐かしのガラケー時代はメールアドレスでしたが、スマホ時代の今は完全にLINEのIDが主流になってます。

ただ、出会い系初心者の方が難しく感じるのが、LINEを聞き出すタイミングとその時の誘い文句だと思います。

LINEゲットのベストタイミングは?

ほどんどコミュニケーションを取っていないファーストメールやセカンドメールの段階で、いきなりLINE IDを聞いたり送ったりしても、当然うまく行きません。

LINEはイヤな相手を簡単にブロックできるとは言え、普段から友達同士で連絡を取り合っているコミュニケーションツール。

IDもめちゃめちゃ大切な個人情報の1つですから、普通に考えて、どこの馬の骨とも分からない男にホイホイ教える女性なんていません。

LINE交換を迫ってくる女性は業者

時々「聞けばすぐに教えてくれるっす!チョロいっす!」的なノウハウが書かれた攻略サイトを見かけるのですが、まだロクに会話もしていない男性にLINEを教えるのは業者だけです。

業者は運営に見つかって強制退会にならないうちに、むしろ焦ってLINE交換をしたがります。

女性はハッピーメール内のメールも無料です。本来、焦る必要なんて全くないわけで、女性側からLINEを聞いてきたり、求めてもないのにIDを教えてきたりするのは業者の可能性大ですよ。

タイミングはひとまず10往復前後

当たり前ですが、一般女性が相手の場合は、ある程度会話が弾んで打ち解けてきたタイミングを見計らって持ちかけることが大事です。

ただ、何の目標もなく、ダラダラとやり取りするのも良くありません。

メールスキルが上がってくればより早く交換できるようになってきますが、最初のうちはひとまずメール10往復前後で仕掛けることを目標にするのがオススメですね。
 

LINE交換の仕掛け方

僕の場合は会話が盛り上がってきたところで「良かったらLINEしませんか?」と切り出します。

女の子の方も基本的にはハピメ経由よりLINEの方が便利なので、真剣に出会いを探していて、こちらにある程度興味を持ってくれている子ならOKしてくれます。

この時「もっと○○さんと話したいから、もっと○○さんのこと知りたいから」などの理由を付けるのも無しとは言いませんが、僕は取って付けたような言葉は別にいらないと思ってます。

女性側だって、男性がメール有料で直接連絡を取りたがっていることは分かってます。そこでこのようなセリフが来ると、かえってわざとらしいと感じる子もいます。

他にも「ポイントがなくなりそうだから」的な泣きアピールもノウハウとして見かけますが、実際、僕の知る女性のほとんどの声は「セコいと感じる」です(^_^;)

メールを10往復程度やって下地がある程度できあがっていれば、誘い文句はシンプルに「良かったらLINEしませんか?」で充分です。

断られたらどうする?

LINEに誘えば必ず快諾してもらえるなんてことはありません。どんなメールの達人だって断られることはあります。女性側にだって好みがありますからね。

頑なにハッピーメール内にとどまろうとする子は現時点でこちらに興味がない、こちらを信用していない、もしくはキャッシュバッカーです。

この場合、それ以上粘ったところでプラスになる可能性は小さいです。しつこくすれば、相手の心は余計に離れていきます。

そもそもキャッシュバッカーだったら、追いかけてメールすればするほど単にお金の浪費になるし、一般女性だとしてもこちらに興味がない子を口説き落とすのは時間がかかります。

ここは深追いしないで、スパッと別の女性にターゲットを切り替えるのがあらゆる出会い系アプリ攻略の絶対セオリー。

逃げられると追いかけたくなるのが心情ですが、効率を考えると引き際が大事ってことです。別に長年付き合っていた彼女でも何でもなく、ただ数通メールをやり取りしただけの相手ですしね。

ハッピーメールには他に沢山の女性がいるわけで、1人に執着してポイントを消費するのはモッタイナイですよ。