ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

ハッピーメールのサクラ、業者、キャッシュバッカー事情総まとめ!

    

サクラとは
ネットでは「ハッピーメールにはサクラがいる」という口コミもチラホラ見かけます。そんなん見たら、誰でも心配になりますね。

でも、答えから言ってしまうと、ハッピーメールにサクラはいません。でも業者やキャッシュバッカーには遭遇することがあります

と言っても、出会い系初心者の方はサクラは何となくイメージできても、業者やキャッシュバッカーについては知らないことが普通だと思います。

大丈夫。ここではハッピーメールのサクラ・業者・キャッシュバッカー事情と、僕らが知っておくべき対策を徹底解説します!

ハピメにサクラがいるという口コミの正体

まずは念のためにサクラの定義から確認しておきましょう。

サクラとは運営者が雇ったメールレディのことです。女性会員になりすましたバイト(←実は男がやっているケースが多い)が男性会員とやり取りするわけですね。

サクラバイトを雇っているということは、運営者が故意に会員を騙しているという意味です。そんな出会い系アプリにゃ参加する価値ナシ。

サクラの特徴

サクラを使っている悪徳出会い系最大の特徴はプロフィールに何も入力していないのに、登録しただけで次々にメールが来ること。

先程、バイトと書きましたが、もっと低予算の場合、機械で自動的にメールを送ってくるロボットサクラというパターンもあります。

いずれにしても、普通の女性はどんな人間か一切分からない男にメールしませんよね。

また、サクラはあたかも好意を持っているかのようにアゲアゲなテンションなのに、直の連絡先交換(LINEや直アド)を持ちかけると、急に尻込みして断ってきます。

雇い主の出会い系アプリ内でメールしないと意味がないので、当然の行動ですね。後に詳しく触れるように、ココがこちらの連絡先を知りたがる業者との大きな違いです。

僕はガラケー時代からスマホアプリにいたる現在まで長いことハッピーメールを利用していますが、その間サクラの気配を感じたことは一度もないし、実際使っていないと思います。

でも、時々サクラがいると言う口コミを目にするのは、なぜでしょう?

原因の1つとして考えられるのは、ハッピーメールの名前を騙った悪質なサクラ出会い系アプリに騙されているケース。ハピメは人気サービスだけに、昔からいつも偽物が現われるんです。

Amazonなどのサービスを騙った詐欺メールが絶えないのと同じようなもんですね。

これはきちんとURLを確認すれば簡単に回避できます。本物の公式のURLはhappymail.co.jpですよ。

そして、もう1つの原因として考えらえるのは、サクラと似たメールを送ってくる業者やキャッシュバッカーをサクラと勘違いしているケース。これがほとんどだと思います。

でも、業者もキャッシュバッカーもサクラとは全く別モノであり、どんなに健全な運営をしている出会い系アプリにも大なり小なり生息している存在なんです。

こればかりはハッピーメールでも登録段階で全ての業者やキャッシュバッカーを見抜くことはできません。ですから僕らユーザーとしても、これらを見抜く知識が必須なんです。
 

業者とは?

業者とは一般女性になりすまして会員登録して、男性会員を他の悪徳サイトへ誘いこむ誘導業者、LINE IDやメールアドレスなどの個人情報を収集する収集業者、違法な風俗営業の援デリ業者など。

運営が雇うサクラとは全く別で、運営とは何の関係もなく、ハッピーメールも被害者側です。

ハッピーメールは登録審査をしっかりやってますが、どんなに優良な出会い系アプリでも、彼らの侵入を完璧には防げません。取り締まっても、次々にわいてくるのが業者なんです(^_^;)

ただ、運営によるパトロールも抜かりないし、ユーザーによる通報機能もあるため、業者は程なく発見されてIDを削除されます。

業者の特徴

万が一、次のような女性に遭遇しても、言われるがままに他のサイトに登録したり、LINEを教えたりしちゃいけませんよ。

  1. ハッピーメール外部のサイトに誘ってくる女性
  2. LINEや直アド交換にやたら積極的な女性
  3. プロフィールにスリーサイズが書いてある女性
  4. 水着や下着など、やたら露出が多いプロフィール画像を載せている女性

補足すると、2のような行動を取るのは、運営に見つかって強制退会になる前に、直接やり取りできる連絡先をゲットしておきたいからです。

そうすればID削除になっても、LINEでやり取りして騙せばいいというのが業者の考えです。あるいは他の悪徳業者にLINE IDやメアドなどの個人情報を横流しする業者もいます。

ここが絶対に連絡先交換をしないサクラと根本的に違うところですね。

女性はハッピーメール内のメール交換も無料なので、別に直接連絡を取る必要性ってないんです。それに普通の女性は、信用できない男に連絡先を教えませんよね。

何の警戒心もなく、直で連絡先を取りたがる女性は不自然なんです。

LINEは僕ら男が、女性に信頼されるように努力して、行けそうなタイミングを測って聞き出すものですよ(参考:LINEをゲットするタイミングと誘い文句)。

また、一般の女の子は3や4のように、誰が見るか分からないプロフィールにスリーサイズなんて書かないし、エッチなプロフィール写真をさらしたりもしません。

エロ光線で誘惑してくる輩も業者、もしくは援助の類で間違いありません。

その他、プロフの「使用端末」が「PC」の女性も、業者の可能性が高いので相手にしない方が良いですね。一般女性はほとんどはスマートフォンで利用してますからね。

使用端末がPC
 

キャッシュバッカーとは?

ハッピーメールのキャッシュバッカ―
男性とメールするなどでポイントが貯まり、貯めたポイントを換金できる女性向け企画がキャッシュバック制度。これには女性からの返信率が上がるメリットがあります。

サービスの活性化を目的として、多くの優良出会い系がキャッシュバック制度を採用しています。

でも、中にはこの制度を不正利用して、出会いではなくお金稼ぎ目的で参加している困った女性がいるんですね。それがキャッシュバッカーの正体です。

ハッピーメールにも貯めたMP(マイレージポイント)を換金できる制度があるので、キャッシュバッカーはゼロではありません。

ただし、ハピメのマイレージの加算はかなり低く抑えられていて、メール受信2MP=2円、メール返信2MP=2円。1往復でわずか4円しか貯まりません。

メールを100通受信して、100通に返信してもわずか400円。労力の割にリターンが少なすぎますね。だから、ハッピーメールにはメールで稼ぐキャッシュバッカーはほぼいません。

ただ、アダルト動画像を投稿して良い評価を受けると、10MP=10円から30MP=30円貯まります。おしゃべり機能で話すとフリーダイヤルで20MP=20円、カケ放題プランで1分ごとに30MP=30円貯まります。

そのため、次のような女性はキャッシュバッカーの可能性が非常に高いんです。相手にしない方が無難ですよ。

  1. アダルト動画像を投稿している女性
  2. おしゃべり機能に誘ってくる女性
  3. 打ち解けているのにLINE交換してくれない女性

キャッシュバッカーについては、別の記事でより詳しいキャッシュバッカー対策をまとめたので合わせてご覧下さい。

ハッピーメールにはサクラはいませんが、キャッシュバッカーや業者に出くわすことはあります。これはハッピーメールに限らず、全てのマッチングアプリに共通する注意点ですね。でも、ココに書いたキャッシュバッカーや業者の特徴さえ覚えておけば、見抜くことは難しくないのでご心配なく!