ハッピーメールアプリの評価と評判
ヘッダー

より詳しいハッピーメールのキャッシュバッカ―対策

    

どうも怪しい
ハッピーメールはサクラを使っていない健全運営の出会い系サイトですが、キャッシュバッカーらしき反応の女性はいます(※キャッシュバッカーについてはサクラ、キャッシュバッカ―、業者のこと参照)。

他の出会い系サイトに比べればその数は少ない方ではありますが、それでもキャッシュバック制度がある以上、どうしても悪用する女性はゼロになりません。

サクラはいない、業者は見抜きやすいとなると、キャッシュバッカーが唯一しっかりマークすべき敵と言ってもいいと思います。となるとキャッシュバッカーさえ避けることができれば、出会い効率は格段に上がるってことですね。

キャッシュバッカー3つの対策

1.掲示板投稿内容を確認

まず相手のプロフ欄を見ると、過去にいつ掲示板投稿したか、どんな内容の投稿をしていたかが全て分かります。

地雷っぽいよね

ほぼ毎日のように連投している人はアウト。女性は1回投稿すれば基本的に何人もの男性からメールをもらえます。そして誰かとメールをしている間は掲示板で相手を募集しないのが、ごく普通の感覚ですよね。

にもかかわらず投稿頻度がやたら高いのは、なりふり構わずに誰でもいいからカモになる男性を探しているという意味。キャッシュバッカーか業者で決まりですね。

また、いかにも男が飛びつきそうなアダルトなメッセージを投稿している女性も避けるべし。一般女性はあからさまにエッチな内容の投稿はしないものです。

これもキャッシュバッカーや業者と判断してほぼ間違いありません。特に大人の掲示板自体、僕はオススメしていません(参考:ピュア掲示板か?大人の掲示板か?)。

2.動画投稿・画像投稿を確認

女性は動画や画像を投稿して評価されるとポイントがもらえます。メール送信でもらえるポイントは1通わずか2円分ですが、動画像が「すごくイイ」と評価されると20円分もらえるので、最近はメールよりもココで稼ごうと過激なH動画像を投稿するキャッシュバッカーが増えています。

ハッピーメールのプロフ欄には過去の動画像の投稿記録も表示されます。出会いを探しているごく普通の一般女性ならH動画像の投稿なんてしませんよね。一生懸命に投稿している女性もキャッシュバッカーと判断してOKです。

3.LINEへの移動を拒否る

LINEはもう少し仲良くなってからで…キャッシュバッカーはハッピーメールの中でやり取りしないとポイントが稼げないので、サイトから離れることを嫌がります。

ですからLINEのIDや直アドの交換を持ちかけると拒否るわけです。もう仲良くなっているのに頑なに拒む女性はキャッシュバッカーの可能性大。

完全に見抜くのは難しい面があるので、あまり深く考え過ぎないのがミソ。メールを10通程度やり取りしたところでLINEや直アドに誘って断られたら、機械的に別のターゲットに乗り換えるのがセオリーですね。